Cooperative Village あなたが主人公の住まいづくり


コーポラティブビレッジとは






「自ら居住するための住宅を建設しようとするものが、組合を結成し、共同して
事業計画を定め、土地の取得・建物の設計・工事発注・その他の事業を行い、
住宅を取得し管理していく方式」を [コーポラティブハウス] といいます。

(昭和53年3月 建設省住宅局 )
この仕組みを戸建住宅に応用したものを、「コーポラティブビレッジ」と呼んでいます。


コーポラティブビレッジでは、家を建てる人が集まり建設組合というグループをつくります。土地所有者との売買契約、設計事務所との設計工事監理契約、建設業者との工事契約等の各種契約を建設組合が直接行います。面倒だと思われるかもしれませんが、全てのプロセスはコーディネーターのサポートのもと進行し、基本的な住宅取得の流れは一般の注文戸建住宅の場合と同じです。ただ環境ルール(お互いのプライバシー確保のため窓の位置や大きさ、外観や外構などのルール)を決めながら共同して美しく住みやすいビレッジをみんなでつくっていくことに賛同して参加していただくことが必要です。

コーディネーターが事業企画して参加者募集をする場合と、仲間同士など予めグループがあり土地探しを行う場合があります。
気の合う仲間とお隣さん同士、ほどよい距離間で戸建住宅に暮らしたい、そんな「あったらいいな」をコーポラティブビレッジが叶えます。



コーポラティブビレッジには、自由設計、明瞭価格、3つの安心というメリットがありますが、入居までの期間が比較的長くなるデメリットもあります。スケジュール例や住宅資金計画例を参考に掲載しておりますが、スケジュールや住宅ローンについてなど個別にお問い合わせ、ご相談ください。



コーポラティブビレッジ

住まいづくりの流れとメリット

間取りだけでなく、構造も仕上材も全て自由設計です。
予算や暮らし方に合った家を計画することができます。
土地代、建設費、コーディネート・設計料などかかる費用がすべて開示されますので、取得する住宅の価格の透明性が確保されます。自分の予算に応じた建物を計画することが可能です。
1つ設計と施工が分離されており、建築士の工事監理によって施工内容がチェックされます。また躯体など完成すると隠れてしまう部分を工事途中にご自身で確認することができます。
2つ建てる前からお隣同士が知り合えますので、良好なコミュニティーが育まれやすく安心です。
3つお互いが環境ルールを守ることにより、プライバシーの確保やよりより住環境を維持することができます。